shikahanbai

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://asahikawa.areablog.jp/shika

親知らずを避けることができないが、親知らずの炎症ならできる

ラグを抜かなければなりません。

隣接する歯の侵襲:

通常の状況では、患者は知っていない、あなたはフィルムの診断を通じて歯科医を作る必要があります。 知恵の歯が長く曲がっていることが判明した場合、隣り合った歯が弛んだり、(電気歯髄診断器)感染したりすると、歯が抜かなければなりません。

3.歯のペアなし:

知恵の反対の歯は、それに対応する親知らずがなければ、それは容易に知恵の過剰な発芽につながり、かみ傷に影響します。


4.スペース不足:

人類の進化の歴史における愛知の歯は、消えた状態に属する。 そのため、歯列弓のサイズが小さくなってきており、スペースが足りない場合は非常に一般的です。 腫脹を感じる可能性が最も高い時に発芽するには、痛み。 多くの人々は、この痛みに耐えることができないため、親知らずの歯を抜くことに決めたからです。

5.歯の腐敗:

親知らず
が腐った場合、非常に単純な咬合面に加えて、虫歯に隣接するそれらは、歯の腐敗に隣接するものを補うことができる深い腔は、良い技術を必要とし、深く食べて、さらに根管治療を必要とする、 。



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://asahikawa.areablog.jp/blog/1000204280/p11694442c.html
歯科用品 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
歯の変色について
歯石除去後の症状
歯科医院でホームホワイトニングを行う理由は
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
ブログイメージ
歯科販売.comは歯科業界大級のインターネット通販サイト、激安オンラインショッピングコミュニティです。歯科機器及び技工材料などが激安価格で品数豊富に大集合!歯科医院、技工所にセール商品や歯科用品、材料、滅菌感染予防品を低コストで提供します。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2018年 次の年へ 前の月へ 9月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 4 2038
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード