shikahanbai

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://asahikawa.areablog.jp/shika

歯科治療によく使われる器具----歯科 エアータービン

皆さん、こんにちは。

今回、歯科 エアータービンについて、紹介したいと思います。

エアータービンは歯科治療によく使われる歯科器具の一つです。

構造について、ヘッド部分が肝心でございます。


1、構造

ヘッドの中に、回転羽根(ローター)が小さな鋼球(ボールベアリング式)や空気の薄い膜(エアベアリング式)で保持されています。圧縮空気が送られることにより、ローターを30万〜50万回転/分で超高速回転させることができます。


2、ヘッドの形態、サイズ
また、大人の口と子供の口によって、切削具の頭部形態は千差万別で、選択の範囲が広いんです。

小児あるいは開口量が得られないため、よくミニヘッドのタービンを使用します。


大人なら、トルクヘッド、普通なヘッドで大丈夫でしょう。


3、逆止弁機構搭載

歯科治療中、口腔内の唾液や血液あるいは削りかすを吸い込むことがあります。
今、感染対策として、エアータービンはクリーンヘッドシステム搭載を実現しました。
感染予防ということで停止時に生じるヘッド内負圧による血液、唾液、切削屑などのタービン本体への侵入を防止できます。

またカップリング内に内蔵され血液・唾液などが水スプレー回路に逆流することを防止する逆止弁機構などが設置されるようになっています。

それは医療機器の進歩ではないんでしょうか。


4、バー

ヘッドだけで、また使用できない、バーを挿入してから、利用できます
今、よく使われるのはダイアモンドバーです。
ダイアモンドは天然の鉱物で最も硬く、熱でも安定して摩擦係数も低いために、歯質の中でも一番硬いエナメル質の切削に適していると考えられています。

歯面や修復物の仕上げ研磨では微粒子のダイアモンドポイントが適しています。


もし、もっと歯科 エアータービンを了解したいなら、歯科販売.comへいらっしゃ


goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://asahikawa.areablog.jp/blog/1000204280/p11738877c.html
歯科用品 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
【新登場!】Jinme歯科用高速ハンドピースJ3-SU
歯科で“院内感染防止”の取り組みを認証するサービス開始 歯科医療機関における院内感染防止対策を可視化
新型スマートホワイトニング照射機、発売!
  1  |  2  |  3    次へ
  
このブログトップページへ
ブログイメージ
歯科販売.comは歯科業界大級のインターネット通販サイト、激安オンラインショッピングコミュニティです。歯科機器及び技工材料などが激安価格で品数豊富に大集合!歯科医院、技工所にセール商品や歯科用品、材料、滅菌感染予防品を低コストで提供します。
前年  2018年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2019年 次の年へ 前の月へ 2月 次の月へ
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
今日 合計
ビュー 5 1655
コメント 0 0
お気に入り 0 0

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト

最新のコメント

おすすめリンク

キーワード