マッキー歯科医院の気まぐれ日記帳(旭川市)

サブURL(このURLからもアクセスできます):http://asahikawa.areablog.jp/makky

今月のマッキー歯科の図書2017.02

マッキー歯科の待合室は歯の健康に関する本が約700種冊以上蔵書されている。
通院中の患者さんが、少しでも歯について関心を持つように、開業以来少しずつ増やしてきました。


1)口腔医療革命 食べる力 (文春新書)
 塩田芳享
発行所 文藝春秋 222ページ
定価 ¥ 842(消費税込)
初版発行日 2017/01/20

内容紹介
「食べられない」高齢者が急増!? 健康長寿のカギは口腔機能にあり!

お年寄りが病院から退院すると、入院前よりも“元気がなくなっている”と思ったことはないだろうか。退院はしてきたものの、体力・免疫力は返って弱っていると。実は、ここに現在医療の大きな問題が隠されている。
多くの医療現場では、『治療中なんだから食べることくらいは我慢しろ』という風潮が蔓延している。高齢者の場合、特にそれは顕著だ。合わない義歯は管理が難しいと強制的に外され、食べることが少しでも危険だと判断されると、食事はほとんどが流動食、点滴、ひどい場合は、経鼻経管栄養や胃ろうにされてしまう。なぜ、こんなことが起こるのだろうか?

急性期病院とは、専門医の集まりである。治療すべき臓器を専門医が受け持つ。
専門医とは、良い意味でも、悪い意味でも、自分の専門を第一に考え、それに危険なファクターはできるだけ排除しようとする。病院内で『食が軽視される』大きな原因は、「医科」と「歯科」が分かれてしまっていることにある。他の専門家にとって、食べるということは自分の治療にとって、危険以外の何物でもないと思うからだ。

実は病院内だけではなく、そもそも食支援に重要な役割を果たす『口腔機能』の専門家がいないという大きな問題がある。人間の体は全て、担当の専門医が決められ、診てもらうことができるが、唯一専門家のいない器官がある。それが『口腔』である。口腔とは口の中から喉までの器官。人間の体の中で、口と歯だけが医科ではなく、歯科が担当する。だから、口腔内のがんやできものは、医科ではなく、歯科の口腔外科が担う。しかし、口腔の外科医はいても、機能の低下や障がいを治療・改善する内科の専門家が全くの不在なのだ。教育すら受けていない。

医療から見放されている『口腔機能』だが、人間が生活していく上で、このうえなく重要な器官であることがわかってきた。「食べる」「喋る」「笑う」という、人間の健康にとって、最も重要な行為を支えているのだ。

今後、健康に老後を過ごすために必要なこととは……
『食支援の専門家(食医)を見つけて、しっかりと噛んで食べながら病気を治すこと』
『加齢によって低下してゆく口腔機能を自分の力で維持させてゆく』
『本人と家族が「医師任せ」にせず、適切なセカンドオピニオンを持つこと』
など、対処法までしっかり紹介。
BOOK」データベースより

目次第1章 医療現場に急増する『食支援難民』
(自分の両親が入院し、その後介護することを想定して考えていきます)
第2章 食べられない原因は『口腔機能障害』
第3章 現代医療から取り残された『口腔機能の重要性』
第4章 噛んで食べることの意義
第5章 口腔ケアと口腔リハビリの違い
第6章 急速な高齢化に付いていけない現代医療
第7章 『食支援』の専門家を作る
第8章 オーラルフレール 40代からの口腔機能障害予防
第9章 老後を健康に生きるために


長寿社会で医科と歯科の間に、口で食べること・生きることの認識の差が、”食事”、”胃ろう”問題が存在してきた。
食べることで健康であることが、健康な長寿であることを認識しましょう!!


======================

最近のマッキー歯科の蔵書には、以前は図書カード、分類ラベル、蔵書印、が押されている。
が、最近は蔵書印とPC上にインターネットに連動してデーターベースとしてバーコードで保存してあります!

自由に貸し出しをしています!
どうぞご利用してください!

PS:書籍の裏表紙などに記載されているISBN(国際標準図書番号)<http://ja.wikipedia.org/wiki/ISBN>をバーコードで読み取り、“Amazon”を検索し、タイトルや著者名などの情報を一括登録コトガできる、無料ソフト(私本管理Plus)<http://www.forest.impress.co.jp/lib/home/house/hobby/shihonkanrip.html>を利用!



goodポイント: 0ポイント

このポストをお気に入りに追加 0人がお気に入り登録中
このポストのURL http://asahikawa.areablog.jp/blog/1000007261/p11545533c.html
旭川 | コメント( 0 ) | トラックバック( 0)
名前   削除用パス  
コメント
※入力可能文字数は1000文字です

■同じテーマの最新記事
犬夜叉の舞台(スタッフ編)
スタッフ紹介2017年05月更新
2人が永年勤務10年のお祝い旅行(特別編)
<<新しい記事へ     以前の記事へ>>
このブログトップページへ
マッキーイメージ
マッキー
プロフィール公開中 プロフィール
2005年1月より開始している<マッキーの気まぐれ日記帳>の旭川ブログバージョンです。
**旭川の山田歯科医院。日々の診療室の出来事、考えていること、実践していること等々の日記帳風ブログです。
**原則診療日のみ掲載(写真付き)します。
〒070-0031 旭川市1条8丁目 山田歯科医院
<http://moon.ap.teacup.com/yamada/>
前年  2017年 皆勤賞獲得月 翌年
前の年へ 2017年 次の年へ 前の月へ 4月 次の月へ
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
今日 合計
ビュー 2 663321
コメント 0 85
お気に入り 0 2

カテゴリー一覧

QRコード [使い方]

このブログに携帯でアクセス!

>>URLをメールで送信<<

お気に入りリスト